入会を希望される方へ

まず、お電話等でお問い合わせ下さい。

*小学生は 03(5683)0871 さくらんぼ子ども教室へ
*中高校生は 03(3635)6301 まつぼっくり子ども教室へ

※活動時間中は電話に出ないことがあります。10:00~13:00、または18:00以降が比較的繋がりやすい時間帯です。

次に説明会及び体験入室に来てください。

album1

会員の声

●Y・Hくんのお母さん
自閉症の息子(中学2年生)は、第2まつぼっくり子ども教室にお世話になっています。
 まつぼっくりで1年を過ごして思ったことは、なんといってもパワフル!親子行事で梨狩りに行った時、一緒に電車・バス・徒歩移動をして、これを日々こなすスタッフはすごい!と感動しました。
 パワフルな子ども達を全力で受けとめ、可愛がってくれるスタッフさん達、そのスタッフさん達をまとめ、いつも子ども達のことを一番に考えベストを尽くして下さる職員の皆さん、本当に感謝しています。
 お母さん達との時間も楽しく、特に子どもの話は勉強になったり、共感することも多く、いつも笑顔になれます。
 心も体も大きく成長する中高生の難しい時期をまつぼっくりで過ごすことができ、本当に良かったと思っています。
 これからも親子共々、どうぞよろしくお願いいたします。

●K・Rくんのお母さん
 まつぼっくりを卒室して4年目の息子は福祉園に元気に通っています。この頃は身長も私に追いつきつつあり、体重も増えてパワフルになりました。私が増えた物と言えば病院の診察券。明け方に起こされる日々に体力も低迷、悲しいかな、加齢を意識せざるを得ない状況になってきました。就学中はある意味、守られてきた、与えられてきた事が多かったのです。エスカレーターを使って年齢を重ねてきた様なもの、今は自力で一歩を踏み出さなければなりません。
 社会という広い空の下、さて、何処へどうはばたかせて行けば良いのやら・・・。
 そんな思いを抱えながら月に一度のOB会は、親子にとって貴重な1日。懐かしい仲間やスタッフと息子には思いきり楽しい時間を過ごして欲しいし、私はホッと一息です。
 現役を通してまつぼっくりにお世話になった事を挙げたらきりがないのですが、卒室の2年目は夜中に何度かの覚醒が毎日あり、私も仕事を抱えての日々に心身共に疲労困憊でした。そんな時に手を差し伸べてくれたのが、まつぼっくり。OB会のとりくみに合わせてお泊まりさせてもらい、本当に有難かったです。
 OBは皆、まつぼっくりを愛しています!

●M・Yくんのお母さん
我が家にある「まつぼっくりアルバム」には700枚を超える写真が納まっています。写真ができる度に嬉しそうに貼っていく息子。それもそのはず!
春夏秋冬いろんな場所に出掛け、たくさんの経験をし、泣いたり笑ったり緊張したり…。そこにはかけがえのない大切な6年間の放課後が、ぎっしりと詰まっているケロ♪ 大胆不敵に見えて、繊細なハートもチラホラ…。そんな息子の気持ちにそっと寄り添い、支えていただいたたくさんの皆様、本当にありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いします。
(卒室にあたって、文章を寄せてくれました。)